CH.92010.02.12

トヨタスポーツ800/トヨタ(1965)

動画詳細

初代パブリカをベースとして量産された、ユニークなライトウエイトスポーツカー。’62年のモーターショーで発表された試作車では、ルーフと一体のスライディングドアを採用されていたが、’65年の発売時には一般的なドアと脱着式のルーフが採用されていた。徹底した軽量化と空力特性の追求から生まれた2シーターボディに、ツインキャブ装備の空冷2気筒790ccOHVエンジンの組み合わせは、最高速度155km/hを誇った。

関連するタグ