CH.92010.02.12

ホンダS600/ホンダ(1964)

動画詳細

1963年ホンダ初の乗用車であるS500が登場した翌年、排気量を606ccに拡大したS600、通称「エスロク」が発売になった。オープン2シーター のライトウエイトスポーツカーであるエスロクは、オーソドックスなロングノーズ、ショートデッキのフォルムを持ち、その心臓部には欧米のカー雑誌が「珠玉のような」と形容した、精密時計を連想させるアルミ製の水冷DOHC4気筒エンジンに京浜製の4連キャブレターを組み合わせたものを搭載していた。

関連するタグ