CH.92010.02.12

初代トヨペットクラウン/トヨタ(1955)

動画詳細

1955年1月に登場してから現在に至るまで、我が国を代表する車として存在し続けるトヨタのフラッグシップカー。当時の他メーカーは、欧米メーカーと技術提携して車を製造していたが、初代クラウンは、純国産乗用車として登場。特徴あるデザインは49年型フォードの影響を強く受けていた。初代クラウンの特徴でもある観音開きのドアは、花嫁が無理なく乗り降りできるようにとの思いで採用された。

関連するタグ